高速ツーリングto丹後半島
(2018.11.17)
 15台目の愛車(バイク)“ちゃっきー”が慣らし運転の距離も達成し(途中経過の報告は無しでしたが)、 オイル交換、タービンのチェックも終えたのでちょっとエンジンを回してやろうと、高速主体のツーリングに行ってきました。
 目的地は、銘酒“伊根満開”を買いに伊根(丹後半島)です。

 さて、自宅を出発し第二京阪門真ICから高速に乗ります。
「高速に乗るし・・・。」ということで、パワーモードは出力が75%になるというM(ミドル)モードです。

 高速に乗っていきなりチョイ大きめにスロットルを捻ると、“シュイーン”といった感覚でどんどんスピードは増し、 気が付けば同時に高速に乗った乗用車やトラックがはるか後方でした。

向井酒造さんのまえ・その1 向井酒造さんのまえ・その2
「おっとっと・・・^^;」という感じで車間が広いところで位置取りをしてクルーズコントロールを設定。 そのまま八幡京田辺JCTの料金所まで楽チンでした。

 久御山JCTから京滋バイパス乗り換え大山崎JCTを通過して京都縦貫道へ入るころ ドイツの有名スポーツカー“ポルシェ”がスイーッと抜き去って行きました。一瞬、
「“ちゃっきー”ならついていけるな・・・。」と悪い気持ちが沸き起こってきましたが、 σ(^^もまだこのバイクに慣れていない事もあり、ぐっと我慢の子であった・・・。

 そんなこんなで、1車線になってからも京都縦貫をたんたんと走り、宮津天橋立ICで降り、 天橋立には用事がなかったのでスルーし、伊根方面へ丹後半島の海岸沿いの道を走ります。
 この道路も基本的に空いているし、緩やかなカーブの道なので、ついついスロットルは開けたくなるところ、 心のブレーキをかけ気味に伊根の向井酒造さんへ。

「伊根満開、4合瓶一本」と注文し、リアシートバッグの中へ。

 その後、国道沿いの土産物屋で、酒の肴と職場へのお土産を買って与謝天橋立ICから山陰近畿自動車道(無料区間)へ乗りました。

 乗った山陰近畿自動車道は綾部IC辺りまで対面通行で1車線だったので流れにあわせて我慢の安全運転。

 車線が複数になったら飛ばしだすクルマがあるので、それに付いていく感じでスピードアップ。 走行車両が少ない間は結構なスピードで流れていたので、思ったより早く第二京阪道へ入れました。
 第二京阪からは時間的なものもあり、混雑していたので大人しく走っていました。

 今回、高速道路主体で走った感想ですが、一言・・・・「速いです。」

 今まで乗ったバイクやクルマの中で飛びぬけて速いです。 調子に乗っていたら、免許と生命がいくらあっても足りません。 “H2”の名前を冠しただけのことはあります。 「注意しなければ・・・(−−;;」が正直な気持ちです。

 でも、高速はめっちゃ楽チンです。 欲を言えば、手首とお尻が痛くならなければ、赤道沿いに一周でも走れちゃいます。 ということで、これからは高速主体のツーリングが増えそうな予感のσ(^^なのでした。

   完読感謝です・・・・m(__)m


ツーリングのINDEXへ